ギックリ腰 Q & A|千葉県袖ケ浦市の整骨院 ストレッチ鍼灸イトー整骨院

千葉県袖ケ浦市の鍼灸整骨院ならストレッチ鍼灸イトー整骨院

0438538853

24時間WEB 予約はこちら

【診療時間】
月~土曜 9:30~12:00/14:30~20:30
※日曜のみ 9:30~17:00
【休診日】金曜日

スタッフブログ

ギックリ腰 Q & A

スタッフブログ

2015.05.30

急な痛みにどうした良いかわからず、対応に困るギックリ腰。

今回は、患者様からよく受ける質問を Q&A 形式にしてまとめてみました。

 

Q:ギックリ腰になった時の応急処置は、どうしたらよいでしょうか?

 

A:急性の腰痛は、患部に炎症を起こします。

 

(1)第一は、まず冷やすことです。

冷やすことで、血管を収縮させ、炎症を最低限に抑えます。

 

(2)安静にします。

ギックリ腰の95%以上は、筋肉や靭帯などの柔らかい組織の損傷です。

いわば、体内にキズ口があるわけで、キズ口が開くような動きをしていると、いつまでたってもキズ口がふさがりません。

 

(3)サラシあるいはコルセットをつける。

骨を支える天然のコルセット、つまり筋肉が損傷しているわけなので、その代用にサラシあるいはコルセットをつけると、腰の負担は軽くなります。

 

 

Q:ギックリ腰のとき、マッサージは有効でしょうか?

 

A:マッサージは、血行改善を目的とするもの。

炎症を起こしている場所への施術は逆効果で、症状は悪化します。

炎症が下火になってきたら、軽いマッサージをしても構いません。

 

 

Q:ギックリ腰のとき、鍼治療は有効でしょうか?

 

A:ひと口に説明しがたいのですが、体のストレスポイントがツボであり、ツボを刺激してバランスを整える治療法が鍼です。

ほとんどのツボが筋肉などにあり、軟部組織のトラブルからくるギックリ腰には、よく効きます。

 

 

Q:ギックリ腰のとき、お酒を飲んでもよろしいでしょうか?

 

A:まず、激痛がある時は飲酒をやめること。

痛みがやわらいできたら我慢できない人は、のどをうるおす程度がいいですね。

飲みすぎると、翌日あたりに痛みがひどくなるので注意してください。

 

 

ギックリ腰は、マッサージをしたり、温めたりしたら悪化する可能性があります。

鍼治療がベストだと考えております。

 

イトー整骨院 川上

     

日曜祝日も診療!

千葉県袖ケ浦市の鍼灸整骨院ならストレッチ鍼灸イトー整骨院

アクセス

0438538853

24時間WEB 予約はこちら

診療時間

       

【診療時間】月~土曜 9:30~12:00/14:30~20:30      
※日曜のみ 9:30~17:00
【休診日】金曜日

pagetop